Research press release

グリーンランド氷縁下の海面下にある長い谷

Nature Geoscience

Long valleys below sea level beneath Greenland’s ice margin

グリーンランド氷床外縁の氷河谷は、これまで考えられていたよりもずっと深く海面下で切り込んでおり、より内陸にまで到達しているとの報告が今週のオンライン版に掲載される。この発見は、グリーンランド氷床はこれまで考えられていたよりも海洋温暖化と薄化により壊れやすいことを示している。

Mathieu Morlighemたちは、レーダー探査で得られた粗い氷厚データと人工衛星から得られた高分解能の氷の運動のデータを組み合わせて、グリーンランド氷床全体の外縁に沿った氷厚と基盤の地形の分布図をこれまでにない分解能と精度で作成した。特に、グリーンランド海岸から数十キロメートル内陸で、これまで知られていなかった、氷が海面下数百メートルで接地している氷河谷を見つけた。

Glacial valleys along the periphery of the Greenland ice sheet are more deeply incised below sea level, and reach further inland than previously thought, concludes an article published online in Nature Geoscience. The findings suggest that Greenland’s ice sheet is more vulnerable to ocean warming and thinning than thought.

Mathieu Morlighem and colleagues combined sparse ice-thickness data from radar soundings with high-resolution ice motion data from satellites to map ice thickness and bed topography along the entire margin of the Greenland ice sheet at unprecedented resolution and precision. Specifically, they identify several hitherto unknown glacial valleys where ice is grounded several hundred metres below sea level, tens of kilometres inland from the Greenland coast.

doi: 10.1038/ngeo2167

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度