Research press release

メキシコ湾での噴出後に継続した水中の高メタン濃度

Nature Geoscience

Persistent high water-column methane levels after Gulf of Mexico blowout

2010年にメキシコ湾の石油掘削施設で起きた、ディープウォーター・ホライズン事故の際に水中に放出された大量の天然ガスのかなりの部分は、これまでに考えられていたように8月末までに細菌により消費されたのではないとの報告が掲載される。その代わりに、メタン酸化細菌の活動は孔口からの放出が最終的に停止する前に急速に減少しており、メタン利用可能性以外の要因が流出に応答した生態系の調節を行っていることを示唆している。

Samantha Joyeたちは、最初の流出に引き続く9か月間のメタン酸化細菌の活動と水中のメタン濃度を測定した。彼らは、メタン消費速度は5月と6月初めに急激に上昇したが、孔口からは依然としてメタンが放出されていたにもかかわらず、6月後半には減少したことを発見した。その結果、メタン存在量は少なくともその年の終わりまで上昇したままであった。

関連するNews & Viewsの記事で、Evan Solomonは、「水中での細菌のメタン呼吸は温室効果ガスが大気に放出される前の最後のフィルターであり、局所的な低酸素と海洋酸性化をもたらしうる」と述べている。

A significant fraction of the vast amounts of natural gas injected into the water column during the 2010 Deepwater Horizon disaster in the Gulf of Mexico was not consumed by bacteria by the end of August, as had been thought, concludes an article published online in Nature Geoscience. Instead, the activity of methane oxidizing bacteria declined rapidly before the discharge from the wellhead was finally shut down, suggesting that factors other than methane availability regulate the ecosystem response to a spill.

Samantha Joye and coauthors measured methane concentrations in the water column along with the activity of methane-oxidizing bacteria in the nine months following the initial spill. They found that rates of methane consumption rose rapidly in May and early June, but collapsed in late June - although methane was still being released from the wellhead. As a result, elevated methane levels lingered until at least the end of the year.

In an accompanying News and Views article, Evan Solomon writes, “Microbial respiration of methane in the water column is the last filter before the greenhouse gas is emitted to the atmosphere, and could lead to local hypoxia and ocean acidification”.

doi: 10.1038/ngeo2156

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度