Research press release

カリフォルニア沖での海底下からの炭素放出

Nature Geoscience

Sub-seafloor carbon release off California

高温のマグマとして放出される炭素はカリフォルニア湾の海底堆積物を熱しているとの報告が寄せられている。今回の研究地域のように海底が裂けている領域は天然の炭素埋設地として提案されていた。

D Lizarraldeたちは、海底の写真だけでなく、地震および音響探査データを解析した。彼らは断裂帯から最大50キロメートル離れた場所(堆積物に覆われていない海嶺で観測されていた値の10倍も遠い)で堆積層にマグマが流れ込んでいることを報告している。彼らはまた、海底でその上を覆っている堆積層から放出されたメタンによって維持されている生物群集を見つけた。厚い堆積層がマグマを広い地域に流れ込むことを助け、メタンの放出につながったと結論付けた。

D Goldbergは関連するNews and Viewsで次のように述べている。「Lizarraldeたちは海底拡大過程が全球炭素収支に及ぼす寄与を評価するきっかけを与えたといえるでしょう」。

Carbon released as hot magma warms the seafloor sediments in the Gulf of California, reports a study online this week in Nature Geoscience. Regions where the sea floor rifts, such as the area studied, had been suggested as sites of natural carbon burial.

Daniel Lizarralde and colleagues analysed seismic and sonar data as well as photographs of the sea floor. They documented magma flow into the sediments up to 50 km from the rift — ten times farther than observed in ridges without sediment cover. They also detected biological communities at the sea floor that are supported by methane emissions from the overlying sediments. The researchers conclude that a thick sediment layer promotes magma flow into a broad area, with implications for methane release.

David Goldberg writes in an accompanying News and Views that “Lizarralde and colleagues have made a start in assessing the contribution of the seafloor spreading process to the global carbon budget.”

doi: 10.1038/ngeo1006

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度