Research press release

温度フィードバックが北極温暖化を増幅する

Nature Geoscience

Temperature feedbacks amplify Arctic warming

地表温暖化の単位当たり放射により宇宙へ戻るエネルギー量に関連したフィードバック効果は、北極が地球の平均よりもずっと早く温暖化していることの主要な理由である。今週のオンライン版に発表されたこの結論は、北極高緯度地方の増幅された温暖化は、海氷や雪が溶けた後の暗い海や地表によって太陽光がより効率よく吸収されることで主に起きるというこれまでの提案とは対照的である。

Felix PithanとThorsten Mauritsenは一連の最先端の気候モデルシミュレーションを解析し、北極地域の増幅された温暖化に対して、これまでに提案された、温度、水蒸気および雲に関連した数多くのフィードバック機構の寄与を定量化した。彼らは、大気の鉛直方向の温度構造、および北極地域では低緯度地域よりも初期表面温度が低いことと関連した温度フィードバックが北極域での増幅された温暖化に最も大きい寄与をしていることを発見した。氷と雪が溶けることの結果として地表の反射率が変化することは、二番目に大きい要因であることが分かった。

Feedback effects associated with the amount of energy radiated back to space per unit of surface warming are the dominant reason why the Arctic is warming much faster than Earth’s average. This conclusion, published online in Nature Geoscience, is in contrast to previous suggestions that amplified warming in northern high latitudes is caused mainly by the more efficient absorption of sunlight by the dark ocean or land surface once sea ice or snow have melted.

Felix Pithan and Thorsten Mauritsen analysed a suite of state-of-the-art climate model simulations to quantify the contributions of a number of previously suggested feedback mechanisms - associated with temperature, water vapour and clouds - to the amplified warming in the Arctic region. They find that temperature feedbacks associated with the vertical temperature structure of the atmosphere, and with cooler initial surface temperatures in the Arctic than at lower latitudes, make the largest contribution to the amplification of warming in the Arctic. Changes in surface reflectivity as a result of melting ice and snow are identified as the second largest factor.

doi: 10.1038/ngeo2071

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度