Research press release

12800年前の寒冷化に遅れた環境の応答

Nature Geoscience

Delayed environmental response to cooling 12,800 years ago

約12800年前に急激な寒冷化が起きたヤンガードリアス期に、最初に気温が低下した170年後にヨーロッパで降水量と植生の変化が生じたとの報告が、オンライン版に掲載される。著者たちは、降水量変化は北大西洋の海氷が偏西風の位置に影響を及ぼすのに十分なほど南側に拡大したときのみに起きたと示唆している。

Dirk Sachseたちはドイツ西部で採取された湖の堆積物コアで温度、水文および植生変化の時期を評価した。年周で堆積する堆積層は、水素同位体に記録された初期温度変化からの年数と、水素同位体と花粉含有量に反映された降水量と植生変化を算出するために用いることができる。Sachseたちは、地域全体にわたる降水量は温度が最初に低下した後170年間減少したことを発見した。この降水量の減少は、湿度の低下に適応する植物種の拡大を伴った。

関連するNews & Viewsでは、Ana Morenoが「この研究は、人間の寿命の2~3世代にわたる期間で急速な環境変化が起こる可能性を強調している」と述べている。

Changes in precipitation and plant cover in Europe occurred 170 years after temperatures first fell during the Younger Dryas, a period of abrupt cooling around 12,800 years ago, reports a paper published online in Nature Geoscience. The authors suggest the precipitation change only occurred once sea ice in the North Atlantic expanded far enough southwards to affect the location of the westerly winds.

Dirk Sachse and colleagues assessed the timing of temperature, hydrologic and vegetation change in a lake sediment core collected from western Germany. Annually deposited layers of sediments allowed them to count the years between the initial temperature change - as recorded by hydrogen isotopes - and changes in precipitation and vegetation, reflected by hydrogen isotopes and pollen content. They find that precipitation over the region decreased 170 years after temperatures first cooled. This reduction in precipitation was accompanied by an expansion of vegetation types accustomed to lower humidity.

In an accompanying News and Views, Ana Moreno states that "this work highlights the potential for rapid environmental change to take place over the course of just a few human lifetimes.”

doi: 10.1038/ngeo2053

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度