Research press release

氷河下の空隙の融解

Nature Geoscience

Sub-glacial cavity melting

西南極パイン島氷河はわずか数十年前までは海底下の海嶺の上にあったが、現在では暖かい海水が海嶺と氷の間にあいた広い隙間を流れているとの報告が寄せられている。パイン島氷河の現在の変化は、潜在的に不安定な長期にわたる後退の一部となりうるもので、西南極氷床の広範な崩落の可能性を示唆している。

A Jenkinsらは、パイン島氷河沖の氷棚の間に出来た空隙に自律式潜水艇を入れて海洋と海底の性質を測定した。彼らは、氷床の下を温かい水が流れて氷を溶かしている証拠を見つけた。このことが意味するのは、海水面に影響を与えない陸上の氷から影響を与える漂氷への遷移を示す接地線より内陸の後退である。

関連するNews and ViewsでC Schoofは次のように述べている。「Jenkinsらにより報告されている観測は、南極氷床の下で最も速い融解速度の1つを支配している過程に対して全く新しい洞察を提供している」。

Pine Island Glacier in West Antarctica was grounded on a submarine ridge only a few decades ago, but warm ocean water now flows through the widening gap between the ridge and the ice, according to a study online this week in Nature Geoscience. The present changes at Pine Island Glacier could be part of a potentially unstable, long-term retreat, which could have implications for the possibility of wide-spread collapse of ice sheets in West Antarctica.

Adrian Jenkins and colleagues measured ocean and seafloor properties with an autonomous underwater vehicle that entered the cavity beneath the ice shelf off Pine Island Glacier. They found evidence for warm sea water flowing underneath the ice shelf, melting the ice. The result was a retreat inland of the grounding line ― the transition between land-based ice that does not affect sea level, and floating ice that does.

In an accompanying News and Views, Christian Schoof says: "The observations reported by Jenkins and colleagues provide exciting new insights into the processes that governed one of the fastest melt rates under an Antarctic ice shelf."

doi: 10.1038/ngeo890

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度