Research press release

砂漠の砂場の砂丘

Nature Geoscience

Dunes in a desert sandbox

風により形成される風成砂丘の並びは、季節的に変化する風のパターンを決定するために用いることができるとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、景観規模の実験に基づいており、地球や他の惑星の風のパターン再現に役立つ可能性がある。

Clement Narteauたちは、2008年に内モンゴル自治区のトングリ砂漠の16ヘクタールを平らにならした。その後の3.5年間にわたり、彼らは平坦にした地形から規則正しい砂丘のパターンが発達する様子を観察した。彼らは継続的に風と砂丘の地形を監視し、砂丘の峰の方向はこの地域で卓越する2つの風の方向により支配されていることを発見した。この実験は、風のパターンは、古代の砂丘が保存されている場合や火星の砂丘に覆われた地域のように、気象学的情報がないときでも砂丘から抽出することが可能であることを示唆している。

The alignment of aeolian sand dunes, which are formed by the wind, can be used to determine seasonally varying wind patterns, according to a study published online in Nature Geoscience. The findings are based on a landscape-scale experiment and may help with the reconstruction of wind patterns on Earth and other planetary bodies.

Clement Narteau and colleagues bulldozed 16 hectares of the Tengger Desert in Inner Mongolia in 2008. Over the next 3.5 years, they watched as regular dune patterns developed from the flattened landscape. They continually monitored the winds and topography of the dunes and found that the orientation of the dune crests was controlled by the two dominant wind directions in the area. The experiments suggest that wind patterns can be extracted from dunes, even when no meteorological information exists - such as where ancient dunes have been preserved, or on dune-covered terrains of Mars.

doi: 10.1038/ngeo2047

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度