Research press release

火山噴煙高度は予測可能?

Nature Geoscience

Predictable volcanic plume heights

2011年にアイスランドのグリムスボトン火山噴火から噴出した噴煙の高度変化は、約1時間前から始まった地面変動の変化と相関があるという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この関連性は、一時的に北ヨーロッパの空路を閉鎖させることになった、グリムスボトン火山から噴出した高さ20キロメートルに及ぶ火山灰噴煙の噴火を予測することに役立つ可能性がある。

Sigron Hreinsdottirたちは、グリムスボトン火山で2011年5月の噴火の前後にレーダーデータと写真を用いて噴煙の高さを記録したときにGPS観測により地面変動を監視した。彼らは、噴煙の高さはGPS観測と密接な関連があることを見つけたが、これは両者が火山のマグマだまり内部の圧力変化により支配されていることを示唆している。しかしながら、地面は噴煙が噴出する約1時間前から変形を始めており、GPSデータが火山灰噴煙の噴火と進化を予測することに用いることができる可能性を持つことを示唆している。

関連するNews & Viewsの記事でPaul SegallとKyle Andersonは、「この研究は、準実時間の地面変動データは、差し迫った噴火に対して適切な時期に警報を発することに用いることができることを示している。このような情報は航空路の安全に対して極めて重要である」と書いている。

The changes in the height of the volcanic plume from the 2011 Grimsvotn Volcano eruption in Iceland correlated with changes in ground deformation that had begun about an hour earlier, reports a study published online this week in Nature Geoscience. This link could have helped in predicting the eruption of a 20-kilometre-high ash plume at Grimsvotn, which led to the temporary closure of northern European airspace.

Sigrun Hreinsdottir and colleagues monitored ground movements with GPS measurements while recording the height of the eruption plume at Grimsvotn Volcano, using radar data and photographs from before and during the eruption in May 2011. They found that the height of the eruption plume varied in close tandem with the GPS measurements, indicating that both are controlled by changes in pressure within the volcano’s magma chamber. However, the ground began to deform about an hour before the plume erupted, implying that GPS data could potentially be used to predict the eruption and evolution of an ash cloud.

In an accompanying News and Views article, Paul Segall and Kyle Anderson write: “The study shows that near-real-time ground deformation data can be used to provide timely warnings of imminent eruptions …. Such information could be vital for aviation safety.”

doi: 10.1038/ngeo2044

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度