Research press release

泡と嵐がもたらす海洋メタン流

Nature Geoscience

Bubble- and storm-mediated marine methane flux

北極海の東シベリア大陸棚から生じる泡は水柱に大量のメタンを注入しているとの報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、海底下の永久凍土の削剥作用により生成された大量のメタンが東シベリア大陸棚に留まらないことを示している。

Natalia Shakhovaたちは、ソナーにより得られた泡の流れの観測と海水中のメタン量測定を用いて、東シベリア北極大陸棚からその上の海洋に放出されるメタンを監視し、海底から出てくる泡は大量のメタンをその上の海洋に供給していることを発見した。さらに、海水中のメタン濃度は2つの嵐が通り過ぎた後に顕著に降下しており、嵐が強力な温室効果ガスとして働く大気へとメタンを輸送するのを助けていることを示唆している。

Bubbles emanating from the East Siberian Shelf in the Arctic Ocean inject significant quantities of methane into the water column, reports a study published online this week in Nature Geoscience. The finding implies that large amounts of methane, generated by the degradation of submarine permafrost over thousands of years, are escaping the East Siberian Shelf.

Natalia Shakhova and colleagues used sonar-derived observations of bubble flux and measurements of seawater methane levels to monitor the emission of methane from the East Siberian Arctic Shelf to the overlying ocean. They found that bubbles escaping from the sea floor carried large amounts of methane into the overlying ocean. Furthermore, the concentrations of methane in the sea water fell significantly following the passage of two storms, suggesting that storms can help aid transport of methane to the atmosphere, where it acts as a potent greenhouse gas.

doi: 10.1038/ngeo2007

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度