Research press release

将来の豪雨

Nature Geoscience

Heavy rains ahead

数時間の時間スケールで起こる極度の降雨は、気候変動に伴ってこれまで予想されていたよりも2倍増加すると、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。そのような短期間の豪雨は、局地的な洪水や浸食および水害をもたらす可能性がある。

E van MeijgaardとG Lenderinkは、オランダのデビットで過去99年間に得られた時間ごとの降雨観測を解析し、ヨーロッパ全体の高分解能地域気候モデルで将来の気候変動をシミュレーションした。両方のデータセットからは、時間単位の極端な降雨は温度上昇の摂氏1度ごとに14%の割合で増加したことを示しているが、理論的考察からは摂氏1度あたり7%の増加の割合であることが予想されている。

Extreme rainfall on timescales of hours could increase with climate change twice as fast as expected, according to research published online this week in Nature Geoscience. Downpours of such short durations can lead to local flooding, erosion and water damage.

Erik van Meijgaard and Geert Lenderink analysed hourly rainfall observations over the past 99 years from De Bilt in the Netherlands and simulated future climate change in a high-resolution regional climate model covering Europe. In both data sets, hourly precipitation extremes increased at a rate of 14% per degree centigrade of warming, whereas rates of 7% per degree would be expected from theoretical considerations.

doi: 10.1038/ngeo262

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度