Research press release

モントリオール議定書は気候温暖化の中断に寄与していた

Nature Geoscience

Montreal Protocol contributed to climate warming hiatus

モントリオール議定書の下でオゾン層破壊物質の放出を禁止したことで、1990年代以降気候温暖化の進展が遅くなったことが検出できたという報告が、今週のオンライン版に掲載される。この発見は、全球気候モデルと独立な統計的手法を用いて、20世紀にわたる人間活動と温暖化速度変化とを関連づけることに役立つ。

Francisco Estradaたちは、統計的分析を用いて1880年と2010年の間で大気中の温室効果ガス濃度の増加速度と温暖化速度の変化を同定した。これらの変化は時期が一致しているので、彼らは温暖化速度の変化は温室効果ガス濃度に影響を及ぼす特定の人類活動に原因を帰すことができると結論している。この発見は2回の世界大戦と世界恐慌という経済の停滞に応答して放出が減少したときには温暖化が減速したことを示している。Estradaたちはまた、CFC類(オゾン層を破壊するだけでなく潜在的に温室効果ガスとなる物質)の段階的廃止を始めたモントリオール議定書に対応した1990年代の減速も強調している。この解析はさらに、現在も持続している温暖化の始まりとなった1960年代の温度と温室効果ガスの際立った増加も明らかにしている。

関連するNews & Viewsの記事では、Felix Pretis とMyles Allenが、この研究は「温暖化速度の過去の変化は、経済の停滞からモントリオール議定書の制定まで直接的に人類活動に原因を帰することができる」ことを示した、と述べている。

The ban on emissions of ozone-depleting substances under the Montreal Protocol led to a detectable slow-down in climate warming since the 1990s, concludes an article published online this week in Nature Geoscience. The findings help to link human actions over the past century with changes in the rate of warming, using a statistical method independent of global climate models.

Francisco Estrada and colleagues identified changes in the rate of warming and in the rate of increase in the concentrations of greenhouse gases in the atmosphere between 1880 and 2010, using statistical analyses. Because these changes coincide, they conclude that changes in the warming rate can be attributed to specific human actions that affected greenhouse gas concentrations. The findings point to a slow-down in warming during the two world wars and the Great Depression, when emissions were reduced in response to economic downturns. The authors also highlight a slow-down in the 1990s in response to the Montreal Protocol, which initiated the phasing out of CFCs — substances that not only harm the ozone layer but are also potent greenhouse gases. The analysis further reveals a pronounced rise in both temperature and greenhouse gas concentrations in the 1960s, which marks the onset of sustained global warming.

In an accompanying News and Views article, Felix Pretis and Myles Allen note that the study suggests “that past changes in the rate of warming can be directly attributed to human influences, from economic downturns to the regulations of the Montreal Protocol.”

doi: 10.1038/ngeo1999

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度