Research press release

古代の草原の拡大を助長した野火

Nature Geoscience

Fire aided spread of ancient grasslands

800万年前~300万年前にアフリカ南西部全体である種の草が広がったことは、野火と乾燥が増大したことの組み合わせにより促進されたという報告が、今週オンライン版に掲載される。C4植物として知られるこれらの草は、現在のアフリカ熱帯地方では支配的な草種となっている。

Sebastian Hoetzelらは、ナミビア海岸沖で採取された海洋堆積物コアで、過去の火災に対する化学的トレーサーだけでなく、花粉と他の植物体も分析した。彼らは、当時新しく進化したC4植物の出現は火災発生が多く乾燥が増大した時期と一致していることを見つけた。著者等は、より頻繁な野火の発生が、焼失した地域の再生により適していたこれらの草の拡大を助長したと示唆している。

The spread of certain types of grasses throughout southwest Africa between 8 and 3 million years ago was aided by a combination of wildfire and increasing aridity, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. These grasses, known as C4 grasses, are today the dominant grass type in tropical regions of Africa.

Sebastian Hoetzel and colleagues analysed a marine sediment core collected off the coast of Namibia for pollen and other plant material, as well as for chemical tracers of past fire activity. They find that the emergence of the then newly evolved C4 grasses coincided with a period of high fire activity and increasing dryness. The authors suggest that more frequent wildfires promoted the spread of these grasses, which they say were better adapted to recovering in burnt areas.

doi: 10.1038/ngeo1984

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度