Research press release

オゾン損失により影響を受けるアフリカの温暖化

Nature Geoscience

African warming influenced by ozone los

過去20年間におけるアフリカ南部の地表温度上昇は、南極全体で大気上層のオゾン損失が起きたことが原因の可能性があることを示す報告が、今週掲載される。この発見は、南極オゾンホールが閉じるとアフリカ南部の地表温度降下をもたらす可能性があることを示唆している。

Desmond Manatsaらは、再解析データを用いて南極オゾンホールの発達前後でのアフリカ南部の気候を比較した。彼らは、オゾンホールが発達した結果もたらされた南半球循環の変化は、アフリカ南部全体の低気圧系強化と時期が一致していることを見つけたが、この強化は低緯度地域からアフリカ南部へと向かう暖かい空気の流れと関連していたのである。

The rise in surface air temperatures in southern Africa over the past two decades may be due to the loss of upper atmospheric ozone over Antarctica, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that the closure of the Antarctic ozone hole could lead to a reduction in surface air temperatures in southern Africa.

Desmond Manatsa and colleagues used reanalysis data to compare the climate of southern Africa before and after the development of the Antarctic ozone hole. They find that a shift in Southern Hemisphere circulation resulting from the development of the ozone hole coincided with the intensification of a low pressure system over southern Africa - which was, in turn, was associated with the flux of warm air from the lower latitudes to southern Africa.

doi: 10.1038/ngeo1968

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度