Research press release

アメリカの地下のホットスポット軌跡

Nature Geoscience

A hotspot track beneath the US

ホットスポットの軌跡(地球の剛体の地殻とマントルを通って数千キロメートルも伸びている線状の火山岩列)が、米国東部の地下に隠されている可能性があるという報告が、今週オンライン版に掲載される。この軌跡は、北米テクトニック・プレートが約1億年前に上昇する高温のマントルのプリュームの上を通過した際に形成され、地震活動とミズーリ州ニューマドリッド地溝帯の断層運動の引き金となった可能性がある。

ホットスポットの軌跡を陸地の上で同定するのは、大陸がとても厚いので困難である。Risheng Chuらは、地震学的データを用いて米国東部の大陸の構造を解析した。彼らは、大陸内部の東西方向にミズーリ州からバージニア州まで伸びた線状の地震学的異常を同定したが、地表には何も現れていなかった。著者らは、コンピューターモデリングを用いて、この異常は北米テクトニック・プレートの下から上昇する高温のマントル・プリュームの上をプレートがゆっくりと移動していく際に形成された可能性があることを示している。

A hotspot track - a line of volcanic rocks that can stretch for thousands of kilometres across Earth’s rigid crust and mantle - could be hidden beneath the eastern United States, reports a study published online in Nature Geoscience. This track, potentially formed as the North American tectonic plate passed over a plume of upwelling hot mantle about 100 million years ago, could have triggered seismic activity and fault movements in the New Madrid rift system in the state of Missouri.

Hotspot tracks are difficult to identify on land because the continents are so thick. Risheng Chu and colleagues use seismic data to analyse the structure of the continental eastern United States. They identify a linear, east-west trending seismic anomaly within the continent that extends from Missouri to Virginia, yet find no obvious expression at the surface. The authors use computer modelling to show that the anomaly could have been formed by a plume of hot mantle that upwelled beneath the North American tectonic plate as the plate gradually drifted across it.

doi: 10.1038/ngeo1949

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度