Research press release

制限を受けない火星の生命

Nature Geoscience

Life on Mars without limits

生命に必須の主要成分であるリン酸は、初期火星の生命が存在可能な環境では初期地球よりも豊富に存在していた可能性があるとの論文が、今週オンライン版に掲載される。

地球の最も初期の生命体に取り込まれたリン酸は鉱物由来に違いないが、地球表面でリン酸を含む鉱物は非常にゆっくりと溶解する。その結果、水成環境においてリン酸の利用可能性は限定的であったと考えられ、地球で生命が発現するための障害となったと考えられる。

実験室環境でChristopher Adcockらは、火星で最も普通に見られると考えられるリン酸を含む鉱物の溶解度を測定した。彼らは、これらの鉱物の溶解度は、地球で最も普通に見られる鉱物よりもはるかに高く、従ってより多くのリン酸を水に放出することを見つけた。

関連するNews & Viewsの記事で、Matthew Pasekは「火星にこれまで生命が存在していたかはよく分かっていないし、仮に存在したとしてもすぐに利用可能なリン酸を必要としたかも分からないが、(火星の)生命にはその点ではあまり障害は無かったかもしれない」と書いている。

Phosphate - an essential chemical ingredient for life - may have been more abundant in the habitable environments on early Mars than those of early Earth, according to a study published online in Nature Geoscience.

The phosphate that was incorporated into the earliest organisms on Earth must have come from minerals, but phosphate-containing minerals on the Earth’s surface dissolve very slowly. The resulting limited availability of phosphate in aqueous environments is thought to have been a hurdle to the emergence of life on Earth.

In a laboratory setting, Christopher Adcock and colleagues measured the dissolution of the phosphate-containing minerals that are thought to be most common on Mars. They found that these minerals are much more soluble, and thus release more phosphate into water, than those most common on Earth. Their measurements suggest that phosphate concentrations in wet environments on early Mars may have been twice those of early Earth.

In an accompanying News and Views article, Matthew Pasek writes that, “although it is unclear whether life ever arose on Mars, much less if it required phosphate… with readily available phosphate, life [on Mars] would have faced one less obstacle.”

doi: 10.1038/ngeo1923

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度