Research press release

改訂された温室効果の暴走

Nature Geoscience

Runaway greenhouse revised

惑星の温度上昇の抑制がきかなくなり海洋が蒸発する温室効果の暴走は、これまで考えられていたよりも簡単に始まりうるという報告が、今週オンライン版に掲載される。(地球で享受しているような)安定した温暖な気候と温室効果の暴走は、今日の地球が受けているのと同じレベルの太陽放射を受けている惑星では共に起こりうる結果である。これまでは、温室効果の暴走に必要な太陽放射量はもっと大きいと考えられていた。

Colin Goldblattら等は数値モデルを用いて、太陽放射の吸収量と地球表面と大気により放射される熱輻射との釣り合いを計算した。彼らは、今日の地球が受けている太陽放射と同様の量を受けている惑星でも温室効果の暴走が起こりうることを見つけた。より複雑な大気モデルが必要ではあるが、彼らは(高レベルの温室効果ガスと少ない雲などの)特定の大気条件下では安定して温暖な地球は暴走した温室効果の状態に変化しうると示唆している。しかしながら、著者等は、近い将来に予測されている人工的な温室効果ガスの放出は、地球でそのような温室効果の暴走の引き金となるには不十分であると述べている。

A runaway greenhouse effect, in which a planet heats up uncontrollably and the oceans evaporate, may be easier to initiate than previously thought, reports a study published online this week in Nature Geoscience. A stable temperate climate (such as that enjoyed by Earth) and a runaway greenhouse effect are both possible outcomes for a planet that receives the same level of solar radiation as the Earth today. It was previously thought that the amount of solar radiation required for a runaway greenhouse effect was higher.

Colin Goldblatt and colleagues used numerical models to calculate the balance between solar radiation absorbed and thermal radiation emitted by the Earth’s surface and atmosphere. They find that a runaway greenhouse effect is possible for a planet receiving a similar amount of solar radiation as the Earth does today. Although more complex atmospheric models are still needed, they suggest that under certain atmospheric conditions - such as high levels of greenhouse gases and few clouds - a stable temperate Earth could transition to a runaway greenhouse state. However, the authors note that projected anthropogenic greenhouse gas emissions in the near future are insufficient to trigger such a runaway greenhouse effect on Earth.

doi: 10.1038/ngeo1892

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度