Research press release

大型動物の絶滅により起きた古代オーストラリア植生の変化

Nature Geoscience

Ancient Australian vegetation shift caused by large-animal extinction?

オーストラリアで見つかった陸上植物種の4万3000年前の変化は、大型草食動物が絶滅したことにより起きたという見解を示す論文が、今週オンライン版に掲載される。この発見は、それほど昔ではない時期にオーストラリアに入植した人間による火の利用が、大陸で火をおこしやすい植生の発達をもたらす植生の変化を起こしたというこれまでの示唆と反対のものである。

Stefan Schoutenらは5万8000年前から4万3000年前の間の植生と火事の変化を、植物の存在度と植物体の燃焼に対する指標を用いて再現した。彼らは、それ以前に支配的であった植物種の存在度がこの時期に顕著に減少し、それが植物体燃焼の増加と一致していることを示した。この植生の変化の直後にはオーストラリア巨型動物類の絶滅が起きている。

The shift around 43,000 years ago in the type of land plants found in Australia was caused by the extinction of large grazing animals, suggests an article published online this week in Nature Geoscience. The findings go against earlier suggestions that fire use by humans, who had colonized Australia not long before, caused the vegetation shift that led to the build-up of the continent’s fire-prone vegetation.

Stefan Schouten and colleagues reconstructed changes in vegetation and fire incidence between 58 and 43 thousand years ago, using indicators of plant abundance and biomass burning. They show that the abundance of the previously dominant vegetation type fell significantly during this period, coincident with a rise in biomass burning. The vegetation shift followed directly from the extinction of the Australian megafauna.

doi: 10.1038/ngeo1856

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度