Research press release

北大西洋の暴風のエアロゾルによる抑制

Nature Geoscience

Aerosol suppression of North Atlantic storms

人間活動の結果生じる大気中の粒子は、20世紀には大西洋全域で熱帯暴風の頻度を減少させたという報告が、今週オンライン版に掲載される。この発見は、大気中のエアロゾルのレベルが過去の暴風活動の変化を引き起こしていることを示唆している。

Nick Dunstoneたちは、気候モデルのシミュレーションを用いて大西洋全域の熱帯暴風に対するエアロゾル放出の効果を評価し、20世紀のほぼ全体にわたりこのような暴風の頻度が抑制されたことを示した。彼らは、エアロゾルが海水表面の温度変化を引き起こしたことで抑制が起きたと示唆している。

関連するNews and Viewsの記事でJohannes Quaasは、彼らが「人間活動によるエアロゾルが20世紀に北大西洋全域で熱帯暴風活動に顕著な影響を与えたことに対する信頼できる証拠を提供した」と述べている。

Particles in the atmosphere that are a result of human activities lowered the frequency of tropical storms over the Atlantic Ocean in the twentieth century, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The findings suggest that variations in atmospheric aerosol levels drove historical variations in storm activity.

Nick Dunstone and colleagues used climate model simulations to assess the effect of aerosol emissions on tropical storms over the Atlantic Ocean and show that aerosols suppressed the frequency of these storms over much of the twentieth century. They suggest that the suppression results from an aerosol-induced alteration of temperatures at the sea surface.

In an accompanying News and Views, Johannes Quaas says they “provide convincing evidence for a significant influence of anthropogenic aerosols on tropical storm activity over the North Atlantic in the twentieth century.”

doi: 10.1038/ngeo1854

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度