Research press release

白亜紀の寒冷化と生物学的危機

Nature Geoscience

Cooling and biotic crisis in the Cretaceous

1億1600万~1億1400万年前の海洋生物大変動期は200万年間の寒冷期によって生じたという報告が、オンライン版に掲載される。この研究は、寒冷期は生物起源炭素が広範に埋設され、大気中の二酸化炭素濃度が減少したことで起きたと示唆している。

Thomas Wagnerらは、北大西洋で採取された海洋堆積物の化学組成を分析し1億1600万~1億1400万年前に起きた主要な海洋表層の寒冷化事件の大きさと時期を評価した。彼らは、この寒冷期が海洋プランクトン群集で存在度が低下したものがあることと、表層に生息する微生物のある種類が絶滅したことと一致することを示した。数値シミュレーションは、寒冷化はこの時期に800,000ギガトン以上の炭素が主に大西洋、南洋およびテチス海に埋設されたことと関連があると示唆している。

A period of biological upheaval in the oceans 116-114 million years ago was caused by a 2-million-year period of cooling, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The work suggests that this cooling was caused by the extensive burial of organic carbon, which reduced atmospheric carbon dioxide concentrations.

Thomas Wagner and colleagues analysed the chemical composition of marine sediments sampled from the North Atlantic Ocean to assess the timing and magnitude of a major cooling event in the surface ocean 116 to 114 million years ago. They showed that this period of cooling coincided with a reduction in the abundance of some groups of marine plankton and extinctions in certain groups of surface-dwelling microorganisms. Numerical simulations suggest the cooling was linked to the burial of over 800,000 gigatons of carbon during this time, primarily in the Atlantic, Southern and Tethys oceans.

doi: 10.1038/ngeo1850

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度