Research press release

サウジアラビアの火山噴火危機

Nature Geoscience

Saudi Arabian volcano crisis

地下の火山活動と3万個以上の地震が2009年5月にサウジアラビア北西部を襲ったと、Nature Geoscience(電子版)に発表される。活動的な海洋拡大中心の隣にある大陸縁辺は、これまでは地震学的にも火山学的にも活動的ではないと考えられてきた。しかし、この発見は、この地域が重大な地学的災害の危険にさらされていることを示している。

J Pallisterらは、野外調査、人工衛星および地震学的データを用いて、古代の溶岩地帯であるサウジアラビア、ハラット・ルナイールで地震活動の観測を実施した。火山噴火の危険があったときに、地表面は8キロメートルの長さにわたり断層が生じて割れ、マグマが地表直下に満たされた。ハラット・ルナイールは、紅海の下にある活動的な海洋拡大中心からほぼ200キロメートル離れた大陸縁辺に位置するため、これまでは活動的ではないと考えられてきた。

予想外の火山と地震の危険が迫ったために4万人がその地域から避難する結果となり、大陸地溝帯縁辺域の理解を再評価する必要に迫られている。

Subsurface volcanic activity and more than 30,000 earthquakes struck northwest Saudi Arabia in May 2009, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The margins of continents that neighbour active oceanic spreading centres were previously considered to be seismically and volcanically inactive. But this finding indicates that the region is at risk from significant geohazards.

John Pallister and colleagues used field, satellite and seismic data to monitor the seismic activity observed in an ancient lava field, Harrat Lunayyir, in Saudi Arabia. During the volcano crisis, the ground surface ruptured into an 8-km-long fault, while magma was emplaced beneath the surface. Harrat Lunayyir was previously thought to be inactive because it is located on the continental margin, almost 200 km away from the active oceanic spreading centre beneath the Red Sea.

The unexpected volcano and earthquake crisis resulted in the evacuation of 40,000 people from the region and calls for the re-evaluation of our understanding of continental rift margins.

doi: 10.1038/ngeo966

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度