Research press release

インド洋の海水面パターン

Nature Geoscience

Sea-level patterns in the Indian Ocean

インドネシアのスマトラおよびインド洋北部の海岸は、全球平均よりも顕著に高い海水面上昇にさらされているが、セイシェル諸島およびケニヤとタンザニアの東海岸は、ほとんどあるいは全く変化していない。Nature Geoscience(電子版)に掲載されるこの研究は、過去半世紀の間に検出された地域的な海水面変動パターンについて注目しており、それらが人為的な気候温暖化に関連があると示唆している。

W Hanらは、1960年代以降のインド洋の海水面について、海洋観測、人工衛星データおよび気候モデルのシミュレーションを用いて、その地域的な傾向を調べた。彼らは、熱帯の南インド洋で海水面が低下しそれ以外では上昇するという、はっきりとした海水面変動のパターンを同定した。Hanらは、このような地域的な差異は、南北方向と東西方向の両方で大気逆転循環の強さが増大していることが原因であるとしている。この一部は気候温暖化によって生じており、同様なパターンの海水面変動が将来起こる可能性があることを示唆している。

The coasts of Indonesia, Sumatra and the north Indian Ocean could be exposed to significantly higher sea-level rise than the global average, whereas the Seychelles Islands and the eastern coasts of Kenya and Tanzania could see little or no change. This study, published online in Nature Geoscience, notes patterns of regional sea-level change that have been detected for the past half century, and suggests that they are linked to human-induced climate warming.

Weiqing Han and colleagues investigated regional trends in Indian Ocean sea levels since the 1960s, using ocean observations, satellite data and climate-model simulations. They identified a distinct pattern of sea-level change, with a sea-level fall in the south tropical Indian Ocean and an increase elsewhere. The researchers attribute these regional differences to an increasingly vigorous atmospheric overturning circulation in both north-south and east-west directions. This is partly caused by climate warming, suggesting that a similar pattern of sea-level change may occur in the future.

doi: 10.1038/ngeo901

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度