Research press release

ふぞろいな気候緩和

Nature Geoscience

Uneven climate modification

気候変動を最適に管理するために必要な介入の量は地域により異なり、インドと中国では発散するとNature Geoscience(電子版)に発表される。太陽放射を管理すると、ほとんどの地域で温度と降雨の極値が減少するが、この選択肢を追求すると、気候変動の望むべきレベルに対して全球規模で意見の一致を見ることは困難であることが明らかになるであろう。

K Rickeらは気候変動を緩和するための手段として、上層大気に異なった量の反射性エアロゾルを付加した場合の気候に対する結果をシミュレーションした。彼らは、上層大気の反射度を大きく変更した54個のシナリオに対して数多くの気候シミュレーションを実施した。Rickeらは、降雨と気温は同程度の気候緩和によっては安定化されず、また中国とインドで同時に気候を安定化させることは不可能であると結論している。

The amount of intervention required for optimum managing of climate change differs by region, and diverges for India and China, according to a study published online this week in Nature Geoscience. Use of solar-radiation management leads to a reduction in extremes of temperature and precipitation for most regions, but if this option is pursued, it could prove difficult to achieve global consensus on the desired level of climate modification.

Katharine Ricke and colleagues simulated the climate outcomes if different amounts of reflecting aerosols were to be added to the upper atmosphere as a means of mitigating climate change. They performed a number of climate simulations for 54 scenarios with distinct modifications of the reflectivity of the upper atmosphere. The authors conclude that precipitation and temperature cannot be stabilized by the same degree of climate modification, and that it may not be possible to stabilize climate simultaneously in China and India.

doi: 10.1038/ngeo915

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度