Research press release

クレーターで露出している月のマントル

Nature Geoscience

Moon's mantle exposed in craters

月の表面下深くから出てきた大量の岩石がクレーターの周りにある同心円状の輪になって露出していると、Nature Geoscience(電子版)に発表される。これらの岩石は、かんらん石鉱物に富んでおり、地殻の下にあるマントル内部がその起源であると考えられている。この研究は、月のマントルの発達について洞察を与えてくれる。

山本聡らは、SELENE/かぐや月探査機に搭載された観測機器を用いて、月の表面組成を調べた。かんらん石の露出は、地殻が薄い衝突クレーターの周りにある同心円状の領域に限られていた。これが真実ならば、この発見は月の歴史のある時点でマントルが逆転して、かんらん石に富んだ岩石を表面近くまでもたらしたという理論を支持するものである。

関連するNews and Viewsの記事でP Luceyは、この研究が「月のマントルの進化に対してほのかな光」を与えていると述べている。

Abundant rocks from deep below the Moon's surface are exposed in concentric rings around craters according to a paper online this week in Nature Geoscience. These rocks are rich in the mineral olivine, which is thought to originate from within the mantle, underneath the crust. This work gives us an insight into development of the Moon's mantle.

Satoru Yamamoto and colleagues used equipment on board the lunar explorer SELENE/Kaguya to survey the composition of the Moon's surface. Exposures of olivine were limited to concentric regions around impact craters that have thin crust. The researchers suggest that large impacts penetrated the outer crust, exposing the mantle olivine stored deeper below the surface. If true, this finding supports the theory that at some point in the Moon's history its mantle overturned, bringing olivine-rich rocks closer to the surface.

In an accompanying News and Views article, Paul Lucey writes that this work provides "a glimpse at the evolution of the lunar mantle".

doi: 10.1038/ngeo897

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度