Research press release

マグマ混合による鉱石鉱床

Nature Geoscience

Ore deposits from magma mixing

金属に富んだ硫化物マグマと鉱液との混合は、貴重な鉱石鉱床を大量に生成しうるとの報告が寄せられている。そのような遅い段階の混合は、鉱石生成の役割を果たすと考えられてきたが、この過程に対する直接的証拠ははっきりしないままであった。

O Nadeauらは、インドネシアのメラピ火山で噴出直後の溶岩と火山ガスの試料を採取した。それらの試料には似たような濃度の金属元素が含まれていることがわかった。このことは、地下のマグマだまりの中で混合される間に金属がガスと鉱液の中に入ったことを示唆している。

関連するNews and Views の記事で、B Scailletは次のように述べている。「Nadeauらの研究は、鉱石鉱床の形成と、経済上興味のある金属を硫化物メルトから火山性鉱液へと移動させる過程についての決定的な段階に光を投げかけるものである」。

Mixing of ore fluids with metal-rich sulphide magmas can generate significant volumes of valuable ore deposits, according to a paper online this week in Nature Geoscience. Such late-stage mixing was thought to play a role in ore formation, but direct evidence for this process has remained elusive.

Olivier Nadeau and colleagues sampled lavas and volcanic gases emitted immediately after an eruption at Merapi Volcano, Indonesia. The samples were found to contain similar concentrations of metal elements, which suggests that the metals entered the gases, and thus the ore fluids, during mixing in the underground magma chamber.

In an accompanying News and Views article, Bruno Scaillet says: "The work by Nadeau and colleagues sheds light on a decisive step in the formation of ore deposits and the transfer of economically interesting metals from sulphide melts into the magmatic ore fluid."

doi: 10.1038/ngeo899

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度