Research press release

絶滅した草食動物からのメタン

Nature Geoscience

Methane from extinct herbivores

13,000年前に始まったマンモスやマストドンなどの巨大草食動物の絶滅は、毎年大気に放出されるメタン全量を劇的に減少させたと、Nature Geoscience(電子版)に発表される。114種以上の巨大草食動物(巨大動物類)が南北アメリカ全体で絶滅時に消失した。

ウシなどの現代の草食動物と同様に、絶滅した草食動物はその消化過程でメタンを放出する。F Smithらは、この巨大動物類は毎年9.6テラグラム(見積もりの幅は2.3から25.5テラグラム)のメタンを大気に放出していたと見積もっている。興味深いことに、絶滅は、氷のコアに記録された大気中のメタン濃度の顕著な減少と同時期となっている。研究チームはメタン放出源がなくなったことがこの減少の12~100%を説明しうると示唆している。

The extinction of large plant-eaters such as mammoths and mastodons, which began about 13,000 years ago, led to a dramatic decline in the total amount of methane emitted to the atmosphere annually, suggests a paper online this week in Nature Geoscience. Over 114 species of large-bodied herbivores ― megafauna ― throughout North and South America vanished during the extinction.

Like modern plant-eaters, such as cattle, the extinct herbivores released methane as part of their digestive process. Felisa Smith and colleagues estimate that these megafauna released about 9.6 teragrams of methane annually ― with the range of estimates between 2.3 and 25.5 teragrams ― to the atmosphere. Intriguingly, the extinction coincides with a significant drop in atmospheric methane concentrations, as recorded in ice cores. The team suggests that the loss of methane emissions could account for between 12 and 100% of that decline.

doi: 10.1038/ngeo877

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度