Research press release

熱波が将来の健康に及ぼす影響の分布

Nature Geoscience

Patterns in future health impacts from heatwaves

ヨーロッパ南部の河川流域と地中海沿岸の住民は、将来予想されるヨーロッパの熱波によりもっとも厳しい影響を受けると Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。生命の危険をもたらす熱波の発生頻度は、もっとも人口密度が高い都市中心部を含むこれらの場所では最速かつ最強となると予想されている。

E FischerとC Schaerは、一連のヨーロッパ地域気候予測を解析し、人間の健康に大きな影響をもたらす熱波が発生する可能性について、熱波の継続期間、夜間の温度と湿度の最小値など既知の要因に基づいて評価した。解析の結果は、2100年までの熱波の影響予測が驚くほど首尾一貫した地理的分布を持つことを明らかにしており、局所的な地形と地中海に近いことが重要な影響をもたらしていることを示唆している

People living in southern European river basins and along the Mediterranean coasts will probably be hit hardest by future European heatwaves, suggests a study published online this week in Nature Geoscience. The frequency of health-endangering heatwaves is projected to increase fastest and strongest in these locations, which include many densely populated urban centres.

Erich Fischer and Christoph Schaer analysed a set of regional climate projections for Europe to assess the likely occurrence of heatwaves with a high impact on human health, based on known factors such as heatwave duration, minimum night-time temperatures and humidity. The analysis reveals remarkably consistent geographical patterns of predicted heatwave impacts up to the year 2100, suggesting crucial influence from local topography and proximity to the Mediterranean Sea.

doi: 10.1038/ngeo866

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度