Research press release

沈み込んだプレートが地球の形に凹みを作る

Nature Geoscience

Sunken plates cause dents in Earth's shape

ジオイド(地球が完全に静水で覆われていたときにその表面が作る形)の低い地点は、古代のプレートが沈んだ場所の地球マントル中の異常によって生じる、とNature Geoscience(電子版)に掲載される研究が結論付けている。この発見は、インド洋の海溝、南極のロス海、北東太平洋および西太平洋を含み、太平洋の周囲で発見されたジオイドの低い地点に対して説明を与えている。

S Spasojevicらは、地球マントルの動力学的モデルを用いてジオイドの低い地点に関連したマントル中の地震波速度異常を同定した。彼らは、この異常な速度を、マントル深部に古代のテクトニック・プレートが存在し「スラブの墓場」を作っており、その化学的構造がその上の中部から上部マントルに及ぼす効果が原因とした。

Low points in the geoid ― the shape the Earth's surface would take if it was entirely covered by motionless water ― arise from anomalies in the Earth's mantle where ancient tectonic plates have sunk, concludes a study published online this week in Nature Geoscience. The findings explain the low points in the geoid that are found around the Pacific Ocean, including troughs in the Indian Ocean, the Ross Sea off Antarctica, northeast Pacific and west Atlantic Oceans.

Sonja Spasojevic and colleagues used a model of the dynamics of Earth's mantle to identify anomalies in mantle velocities associated with the geoid low points. They attribute these unusual velocities to the presence of ancient tectonic plates in the deep mantle, where they form 'slab graveyards', and to the effect of their chemical make-up on the overlying mid-to-upper mantle.

doi: 10.1038/ngeo855

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度