Research press release

温暖で塩分の高い白亜紀の海洋

Nature Geoscience

Warm and salty Cretaceous oceans

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によれば、9500万年前に海底を満たしていた異常に温度の高い水は、今日とは全く異なった海洋循環パターンで浅い棚海で発達したということである。

O Friedrichらは、現在の熱帯北大西洋に相当する地域の深海掘削コアの中から収集された底生微生物の貝殻を研究した。彼らは、塩分濃度が高かった時期に関連して中層水の水温が極めて高かった証拠を発見した。研究チームは、この時期に海水表面の温度が高かったことで、原始北大西洋に線状に存在した浅海では蒸発速度が高かったと推測している。残った塩水は急速に密度が高くなり、棚海から流れ出し始めて、深海へ沈んでいった。

そのような循環のパターンは、水が沈み込む前に北極域で凍結する温度まで冷却され、低緯度に向けて流れ出すという現在の深層水形成とは顕著に異なっている。

The anomalously warm waters that bathed the sea floor 95 million years ago developed in shallow shelf seas in an ocean circulation pattern very different from today’s, according to research published online this week in Nature Geoscience.

Oliver Friedrich and colleagues studied the shells of bottom-dwelling micro-organisms collected in deep-sea drill cores in the region equivalent to the modern tropical North Atlantic Ocean. They found evidence of extremely warm water temperatures at intermediate depths associated with intervals of high salinity conditions. The team suggests that warm surface temperatures during this time led to high rates of evaporation in the shallow seas that lined the proto-North Atlantic. The remaining salty waters became increasingly dense and began to flow off the shelves and sink into the deep ocean.

Such a circulation pattern is markedly different from modern deep-water formation, in which water in the polar regions cools to freezing temperature before sinking and flowing towards lower latitudes.

doi: 10.1038/ngeo217

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度