Research press release

小さな生物の大量絶滅

Nature Geoscience

Small creatures, big extinction

北半球海洋中の小さな植物プランクトンは、6500万年前の大量絶滅事件の際には南半球に生息していたものよりもはるかに速い速度で絶滅したとの報告が寄せられている。北半球の植物プランクトンが復活したのは、南半球の海洋で復活したよりもずっと後であったこともわかった。

20マイクロメートルよりも小さい植物プランクトン集団は、大規模衝突事件と関係がある白亜紀/第三紀大量絶滅事件の際に絶滅した。T Bralowerらは、衝突で生じた破片の雲(このような植物プランクトンが成長するために必要な太陽光を阻止し、金属を含んだ塵を海洋表面に落下させることでそれらに毒を与えた)が北半球に集中したために、絶滅の速度が速くなったと提案している。研究チームはまた、北半球海洋生物多様性の復活は、この地域で植物プランクトンの復活が遅くなったことで遅れた可能性があることを示唆している。

Tiny phytoplankton in the oceans of the Northern Hemisphere had far larger extinction rates during the mass extinction event 65 million years ago than those living in the Southern Hemisphere, according to a paper published online this week in Nature Geoscience. The recovery of the Northern Hemisphere phytoplankton also occurred significantly later than recovery in the southern oceans.

Populations of phytoplankton smaller than 20 micrometres were decimated during the Cretaceous/Tertiary mass extinction, which is linked to an impact event. Timothy Bralower and colleagues propose that the clouds of debris from the impact ― which would have blocked the sunlight that these phytoplankton needed to grow, and poisoned them as the metal-laden dust fell to the ocean surface ― were concentrated in the Northern Hemisphere, leading to the higher extinction rates. The team also suggests that the recovery of marine diversity in the north may have been hindered by the phytoplankton's slower start in this region.

doi: 10.1038/ngeo775

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度