Research press release

強い海洋底層流の発見

Nature Geoscience

Vigorous ocean bottom current discovered

南極の大陸棚海からの密度が大きく冷たい水は、深さ3,000メートル以深で発見された最強の平均流として北向きに流れる。Nature Geoscience(電子版)に掲載される研究は、南極近傍のケルゲルン海台に沿った強い流れは全球海洋深層水循環の重要な一部分となっていることを明らかにしている。

北海道大学の深町康らは、ケルゲルン海台東部に2年間設置された深層水流速計アレイを用いて、深部における北向きの流れを監視した。彼らは、平均として毎秒約800万立方メートルの0.2℃よりも温度の低い水が北向きに輸送され、これは南極深部から流出する別の支流としてこれまで報告されていたもののおよそ4倍以上に及ぶと見積もっている。いわゆる南極底層流は、気候システムの重要な一部を構成している全球海洋循環の中で最も密度が大きく深さが深い水塊を形成している。

News & ViewsでA Orsiは、「深町らがケルゲルン海台で報告しているような強力な海洋学的測定は、今後も気候学の研究者に大きな利益をもたらすだろう」と述べている。

Dense, cold water from the shelf seas off Antarctica flows northwards in the strongest mean current discovered at depths greater than 3,000 metres. Published online in Nature Geoscience, the observations of the vigorous flow along the Kerguelen Plateau near Antarctica reveal a significant branch of the global oceans' deep overturning circulation.

Yasushi Fukamachi and colleagues used an array of current meters in the deep water just east of the Kerguelen Plateau for two years, to monitor the northward flow at depth. They estimate that, on average, about eight million cubic metres of water colder than 0.2℃ are transported towards lower latitudes each second, roughly four times as much as previously documented in a different branch of deep Antarctic outflow. The so-called Antarctic Bottom Water forms the densest and deepest water mass involved in the global ocean circulation, which in turn is an important component of the climate system.

In an accompanying News and Views article, Alejandro Orsi says: "Vital oceanographic measurements, such as those reported by Fukamachi and co-authors from the Kerguelen Plateau, will continue to benefit climate scientists".

doi: 10.1038/ngeo842

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度