Research press release

1年以上前からエルニーニョが予測可能

Nature Geoscience

El Nino predictable more than a year in advance?

インド洋の気候状態を正確に知ることで、世界中の天気と降雨のパターンに被害をもたらすエルニーニョとラニーニャの発生を予測できる可能性があることが報告された。この情報を用いると、十分な精度で14か月前に予測を出すことが現実的となり、信頼できる予測の現在の限界よりも数か月前に出すことができることになる。

T Izumoらは、簡単な予測モデルを用いて、インド洋で特徴的な気候振動であるインド洋双極子の負の位相は、通常はちょうどエルニーニョの1年前に起きることを示した。同様に、インド洋双極子の正の位相は、その後にラニーニャが続いて起こる。インド洋と太平洋はインド洋双極子に応答する大気循環のパターンによって密接に関連しており、その結果、太平洋を吹く風に影響を及ぼすことが示唆されている。

関連するNews & ViewsでP Websterは、次のように述べている。「エルニーニョとラニーニャの予測限界が拡張されれば、インド洋と太平洋の海域は、経験的および力学的な予測手法の中に含まれることになるだろう」。

Accurate knowledge of the climatic state of the Indian Ocean could help predict El Nino and La Nina events that wreak havoc with weather and precipitation patterns worldwide, concludes an article published online in Nature Geoscience this week. Using this information, forecasts with significant skill 14 months in advance come into reach ― several months earlier than the current limit for reliable predictions.

Takeshi Izumo and colleagues used a simple forecasting model to show that a negative phase in the Indian Ocean Dipole, a climate oscillation specific to the Indian Ocean, usually precedes an El Nino event by just over a year. Similarly, a positive Indian Ocean Dipole phase tends to be followed by a La Nina event. The researchers suggest that the Indian and Pacific oceans are closely linked through an atmospheric circulation pattern that responds to the Indian Ocean Dipole and in turn affects winds over the Pacific Ocean.

In an accompanying News & Views article, Peter Webster writes "If the prediction horizon of El Nino and La Nina is to be extended, then both the Indian and Pacific Ocean basins must be included in empirical and dynamical forecasting schemes."

doi: 10.1038/ngeo760

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度