Research press release

アラスカでの長期的な汚染

Nature Geoscience

Long-term contamination in Alaska

1989年に起きたタンカー、エクソン・バルデス号の事故で流出した油は、海岸の二層構造のために今でもアラスカの海岸で見ることができると、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。北極域における石油開発と輸送は地球温暖化のためにより現実的になると考えられ、より効果的な環境保全と流出した油の除去はますます重要となるだろう。

M BoufadelとH Liは、エクソン・バルデス号の原油流出事故で汚染されたアラスカ州のエレノア島の海岸について、野外調査、トレーサー、数値シミュレーションを用いて地下水の動力学的性質を調査した。彼らは、海岸の上層は流出した油の貯蔵庫として働き、油の風化と流動性の喪失から守っていたことを発見した。この貯蔵庫からは、水位が2つの層の境界よりも下がったときに、常に油が下層に流入した。下層では酸素濃度が低いので、油は劣化せずに長期にわたって保持されたのである。

Oil spilt from the tanker Exxon Valdez in 1989 can still be found on the Alaskan coast because of the two-layered structure of local beaches, according a study online this week in Nature Geoscience. As oil exploitation and shipping in the Arctic region becomes more feasible owing to global warming, effective environmental protection and clean-up of spilt oil will become increasingly important.

Michel Boufadel and Hailong Li investigated the groundwater dynamics of a beach on Eleanor Island, Alaska, which was contaminated by the Exxon Valdez oil spill, using field measurements, tracers and numerical simulations. They found that the upper layer of the beach acted as a reservoir for the spilt oil, protecting it from weathering and loss of fluidity. From this reservoir, the oil entered the lower layer whenever the water level fell below the interface between the two layers. Because of the low oxygen content in the lower layer, the oil is not degraded and can persist in the long term.

doi: 10.1038/ngeo749

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度