Research press release

エンケラドスの熱流量

Nature Geoscience

Heat flow on Enceladus

土星の月であるエンケラドスの南極地域でのみ観測されている水蒸気の巨大なジェットは、月の地殻が大変動によって更新される出来事の前兆が現れたものとして説明できる。Nature Geoscience(電子版)に発表される研究は、そのような強力な対流の出現が、太陽系のほかの氷衛星の表面を形作る役割を果たした可能性があることを示唆している。

C O’NeillとF Nimmoは、エンケラドスの氷マントルの対流をシミュレーションした。彼らは、エンケラドスの氷マントルの一部が内部に戻っていく偶発的な出来事によって、月の南極地域における現在の活動と熱の損失だけでなく、エンケラドスでみられる極度に変形した表面を説明することができることを見つけた。彼らの見積もりでは、大変動の対流は1億~10億年に一度の頻度で発生し、最近のものは約1,000万年前に起きたとのことである。

著者らは、我々は現在、エンケラドスでまれにしか起こらない表面を更新する出来事の、まだ1~10%しか起きていない時期を見ていると結論付けている。

The large jets of water vapour that are observed only in the southern polar region of Saturn’s moon Enceladus can be explained as a manifestation of a waning event of catastrophic renewal of the moon’s crust. Research, published online this week in Nature Geoscience, suggests that such episodes of strong convection could also have played a part in shaping the surfaces of other icy satellites in the Solar System.

Craig O’Neill and Francis Nimmo simulated convection of Enceladus’s ice mantle. They find that occasional episodes during which parts of Enceladus’s ice mantle are recycled into the moon’s interior could explain the present activity and heat loss in the body’s South Polar Region, as well as the heavily deformed surface observed on Enceladus. They estimate that catastrophic convection events occur every 100 to 1,000 million years and last about 10 million years.

The authors conclude that we are currently observing Enceladus in one of its rare phases of resurfacing that make up only about 1-10% of the time.

doi: 10.1038/ngeo731

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度