Research press release

酸性化が海洋雑音を増大させる

Nature Geoscience

Acidification increases ocean noise

高緯度海洋は、今世紀にはすむにはますますうるさい場所になる可能性がある、とNature Geoscience(電子版)に発表される。雑音のレベルが増大することは、イルカが一時的に耳が聞こえなくなったり、クジラの大量座礁を引き起こしたりするなど、海洋生物の行動や生活に影響を及ぼしうる。

海洋中の低周波の音は、雨、波、海洋生物、および音響システム、船舶、建設などの人間活動によって生成される。世界中の海洋で音を吸収する化学物質濃度は、二酸化炭素濃度の上昇により引き起こされる海洋酸性化の結果として減少している。T Ilyinaらは、モデル・シミュレーションを用いて、海洋のpH低下は高緯度地域および深層水が形成される地域で最大60%海水音響吸収を減少させることを示した。

このことは、海洋中の音響伝播が変わることでヒゲクジラなどの海洋食物網の頂上にいる種に影響を及ぼす可能性がある。

The high-latitude oceans could become an increasingly noisy place to live this century, according to a study published online in Nature Geoscience. Increased noise levels could influence the behaviour and biology of marine organisms, for example causing the temporary loss of hearing in dolphins or the mass stranding of cetaceans.

Low-frequency sound in the ocean is produced by natural phenomena, such as rain, waves and marine life, and by human activities such as sonar systems, shipping and construction. The concentration of chemicals that absorb sound in the world's oceans has declined as a result of ocean acidification, in turn caused by rising concentrations of carbon dioxide. Tatiana Ilyina and colleagues use model simulations to show that reductions in ocean pH could reduce seawater sound absorption by as much as 60% at high latitudes and in areas where deep water forms.

This could affect species at the top of the ocean food web ― for example, baleen whales ― by changing the spread of sound in the oceans.

doi: 10.1038/ngeo719

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度