Research press release

南洋の酸化は殻の質量を減少させる

Nature Geoscience

Southern Ocean acidification causing shells to lose weight

海洋表層に生息し有孔虫と呼ばれる小さなアメーバ状の生物の殻は、産業革命前の時代の殻と比較すると薄くなっている、とNature Geoscience(電子版)の報告が示している。この発見は、海洋における炭素吸収の増加は、微生物が殻を作る能力に直接的な影響を及ぼすことを立証している。全球では、沈んでいく殻が有機炭素を海洋表層から輸送することで、有孔虫は深海への炭酸塩運搬の50%を占めている。

南洋で沈降粒子捕集装置を用いて、W HowardとA Moyらは、有孔虫の1つの種であるGlobigenina bulloidesの殻を、海底へと沈降していく途中で収集した。彼らは殻の質量(砂粒1つの大きさ)を海底から収集された古い殻の質量と比較した。研究者は、現在の殻の重さが産業革命前に形成されたものよりも30~35%軽いことを軽いことを発見し、それが人類起源の二酸化炭素の吸収が原因となって起きる南洋の酸化のためであるとした。

このような質量の損失が種の生存にどのような効果をもたらすか、すぐには明らかではないが、この研究から、海洋に二酸化炭素が増加すると海洋生物が殻を作る能力を減少させるという、過去に室内実験で明らかになっていたことが確実になった。

The shells of tiny amoeba-like creatures called foraminifera that live in the ocean's surface have become thinner relative to shells from the pre-industrial age, according to a report online in Nature Geoscience. The finding proves that increasing carbon uptake in the ocean has a direct effect on the ability of microorganisms to make shells. Globally, foraminifera comprise up to 50% of the carbonate flux to the deep sea ? sinking shells help to transport organic carbon from the surface ocean.

Using sediment traps located in the Southern Ocean, William Howard, Andrew Moy and colleagues collected the shells of one species of foraminifer, Globigerina bulloides, as they fell towards the sea floor. They compared the mass of the shells, which are about the size of a grain of sand, to the mass of older shells collected from the sea floor. The researchers found that modern shell weights were 30 to 35% lower than those that formed prior to the industrial period, which they attribute to the acidification of the Southern Ocean ? a process driven by the uptake of anthropogenic carbon dioxide.

The effect of this weight loss on the survival of the species is not immediately clear, but the study confirms the findings of previous laboratory experiments that suggest increasing carbon dioxide in the oceans could reduce the ability of marine organisms to build their shells.

doi: 10.1038/ngeo460

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度