Research press release

敏感な気候

Nature Geoscience

Sensitive climate

300万から500万年前は全球の気温は、当時の大気中二酸化炭素レベルから期待されるよりも顕著に高かったとする報告が、 Nature Geoscience(電子版)に寄せられている。著者らは、危険な人為的気候変動を定義する場合には、地球システムの長期にわたる感度がより高いことを考慮する必要があると結論付けている。

D Luntらは、全球気候モデルと300万から500万年前に気温が現在よりも3~5℃高かった時代の地球環境の再現とを結びつけて、大気中の二酸化炭素濃度は、将来の気候変動を見積もる際に用いられてきた気候感度の推定値から期待されるよりも、より大きな温暖化をもたらしたことを発見した。 Luntらは、こうした違いは、初期に地球システムは環境条件に適応するためには長い時間がかかったが、将来の変化を予測するための気候モデルには、氷床や植生分布などのシステムでゆっくりと変化する部分によるフィードバックが完全に含まれていないために生じていると結論した。

Three to five million years ago, global temperatures were significantly higher than expected from atmospheric carbon dioxide levels at the time, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The authors conclude that the higher long-term sensitivity of the Earth system should be taken into account when defining dangerous anthropogenic climate change.

Daniel Lunt and colleagues combine a global climate model with a reconstruction of the Earth’s environment three to five million years ago, when temperatures were 3 to 5℃ warmer than today. They use the model to separate various contributions to global temperatures, and find that atmospheric carbon dioxide concentrations caused more warming than would be expected from the estimates of climate sensitivity that are used for future climate projections. They conclude that the discrepancy arises because in the earlier period the Earth system had a long time to adjust to the environmental conditions, whereas climate models for future projections do not fully include feedbacks that involve slowly changing parts of the system, such as ice sheets or vegetation patterns.

doi: 10.1038/ngeo706

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度