Research press release

未来に燃料を供給

Nature Geoscience

Fuelling the future

石炭を液体燃料に変換することは、ジェット機、トラック、鉄道に燃料を与えるうえで最も環境にやさしく、きれいな方法の1つとなるとする記事が、Nature Geoscience(電子版)のCommentaryに掲載される。

気候変動の最悪の結果を妨げる水準まで炭素の放出を削減することは容易ではない。D Schragは、石炭を液体燃料に変換するために用いられた旧式の技術(フィッシャー・トロプシュ過程として知られる)は、炭素の足跡を少なくしてディーゼル燃料やジェット燃料を生産するために用いることができると示唆している。この過程から放出される二酸化炭素は、石炭を燃料に変換するための触媒に対して毒物となるので、取り除かれる。この廃棄される二酸化炭素を地質学的貯蔵庫に保存されれば、生産と石炭から産出された燃料を用いることによる炭素放出は、石油によるものよりも低くなるとのことである。

Schragは、石炭の一部をバイオマスで代替させることで、さらに二酸化炭素の放出を削減できるとしている。

The conversion of coal into liquid fuel could prove to be one of the cleanest and most environmentally friendly ways to power jets, trucks and trains, according to a Commentary published online this week in Nature Geoscience.

Reducing carbon emissions to a level that will prevent the worst consequences of climate change will not be easy. Daniel Schrag suggests that an old technology used for converting coal into liquid fuel ― known as the Fischer-Tropsch process ― could be made to produce diesel and jet fuel with a low carbon footprint. The carbon dioxide emitted during this process is removed, because it is toxic to the catalysts that convert coal into fuel. If this waste carbon dioxide is stored in geological repositories, carbon emissions arising from the production and use of coal-derived fuels will be lower than those from petroleum.

The author suggests that the substitution of some of the coal with biomass could reduce carbon dioxide emissions further.

doi: 10.1038/ngeo702

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度