Research press release

タイタンの非対称な湖の分布

Nature Geoscience

Asymmetric lake distribution on Titan

最近土星の月であるタイタンで発見された炭化水素の湖は、半球の上で均等に分布しているわけではないとNature Geoscience(電子版)に発表される。半球間で湖の広がりが異なっていることは、土星の太陽の周りを回る軌道が季節変動をしている結果の可能性がある。

O Aharonsonらは、カッシーニ探査機によってタイタンの表面上で発見された湖と盆地の分布を定量化した。彼らは、北半球では湖と盆地により覆われた表面の割合は南半球よりもはるかに大きいことを見つけた。

Aharonsonらは、タイタンは数万年の時間スケールで変化する活発な水文学的サイクルにより支配されていて、地球の氷河サイクルと同様に、惑星の表面に変化をもたらしていると示唆している。

The hydrocarbon lakes that have recently been discovered on Saturn's moon Titan are not distributed equally across the hemispheres, reports a study online this week in Nature Geoscience. The difference in lake coverage between the hemispheres could be the result of seasonal variations in Saturn's orbit around the Sun.

Oded Aharonson and colleagues quantified the distribution of the lakes and basins that had been identified by the Cassini orbiter on Titan's surface. They found that in the northern hemisphere, the fraction of the surface covered with lakes and basins is much higher than in the southern hemisphere.

The authors propose that Titan is governed by a vigorous hydrological cycle that varies on a timescale of tens of thousands of years and leads to modification of the planet's surface ― similar to the Earth's glacial cycles.

doi: 10.1038/ngeo698

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度