Research press release

太陽系に対するより古い年代

Nature Geoscience

Older age for the Solar System

太陽系はこれまで考えていたよりも最大で200万年年齢が古い可能性があるとの報告が寄せられている。今回決定された年代は、北西アフリカで発見された隕石中に含まれる残留鉱物(鉱物包有物とよばれる)の解析から得られている。

そのような包有物は太陽の誕生後に形成された最古の固体物質の中にあり、この物質の年代決定は太陽系形成年代に対して最も正確な見積もりの1つを提供しうるものである。A BouvierとM Wadhwaは、鉛同位体による年代決定法を用いて、この特別な包有物の年代を決定した。彼らは、包有物が45億6820万年前に形成されたことを発見し、この年代はこれまでの見積もりよりも30万年から190万年古い。

この見積もりにより、この包有物はこれまでに年代決定がなされた最古の太陽系物質となった。

The Solar System could be up to two million years older than previously thought, reports a paper published online this week in Nature Geoscience. The revised older age comes from an analysis of a relict mineral contained within a meteorite ― called a mineral inclusion ― found in northwest Africa.

Such inclusions are among the oldest solid materials formed following the birth of the Sun, and dating of this material can provide one of the most precise estimates of the age of the formation of the Solar System. Audrey Bouvier and Meenakshi Wadhwa use a dating technique relying on lead isotopes to determine the age of this particular inclusion. They find that the inclusion formed 4,568.2 million years ago ― between 0.3 and 1.9 million years earlier than previous estimates.

This age makes the inclusion the oldest material from the Solar System that has been dated so far.

doi: 10.1038/ngeo941

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度