Research press release

古代の北極にヤシ

Nature Geoscience

Ancient Arctic palms

5,350万年前の始新世温度極大期2として知られる一時的な温暖期の間、ヤシの木は北極域でも生存していた。このような植物の存在は、北極域の大陸全体で冬季の温度が平均として摂氏8度以上高かったことを示している。

A Sluijsらは、北極海で収集された海洋堆積物を用いて、始新世温度極大期2の急速な温暖化に関連した環境変化を評価した。この気候事件は大気中の二酸化炭素濃度が急速に上昇したことが原因とすることが普通である。彼らが再現した海面水温モデルは穏やかな摂氏27度にピークをもち、背景条件から摂氏3~5度程度上昇している。ヤシの花粉が海洋堆積物に存在していることは、ヤシ植物が北緯高緯度地域で広く分布していたことを明らかにしている。

Palm plants thrived in the Arctic 53.5 million years ago, during a transient warm period known as the Eocene Thermal Maximum 2, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The presence of these plants indicates that winter temperatures over the continents in the Arctic region were, on average, higher than eight degrees Celsius.

Appy Sluijs and colleagues used marine sediments collected from the Arctic Ocean to assess the environmental changes associated with the rapid warming during the Eocene Thermal Maximum 2. This climate event is generally attributed to a fast rise in atmospheric carbon concentrations. Their reconstructed model of sea surface temperatures peaked at a balmy 27 degrees Celsius, a three to five degrees Celsius rise over background conditions. The presence of palm pollen in the marine sediments revealed that palm plants were prevalent in the high northern latitudes.

doi: 10.1038/ngeo668

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度