Research press release

衰退する三角州

Nature Geoscience

Deltas in decline

過去10年間に世界最大級の三角州の85%が大洪水に見舞われていたことが、Nature Geoscience(電子版)に掲載されるレビュー論文で明らかにされている。21世紀に予想どおりの海面上昇が起これば、洪水の被害を受けやすい三角州の面積が50%増える、と予測されている。

J Syvitskiらは、世界の33の主要な三角州系の全般的状況を、人工衛星による測定と歴史地図を用いて評価した。その結果、海面上昇によっても水没しなかったのは9つの三角州だけで、そのうちの4つはぎりぎりで水没を免れていたことが判明した。Syvitskiらは、三角州表面が相対的に沈下していることの主たる原因として、人間活動による干渉を挙げる。すなわち、沈下の進む三角州は、上流部でのダム建設や河川の流路変更の影響を受け、三角州に新たに運ばれる堆積物の量が減っていたのである。また、一部の三角州では、石油やガスの掘削による堆積物の圧密も起こっていた。

温室効果ガスの放出によって海面水位上昇率が増加するということは、既に被害を受けやすくなっている領域で、河川の増水や高潮による洪水の被害を受けるおそれがひたすら大きくなることを意味している。

Eighty-five percent of the world's largest deltas have experienced severe flooding over the past decade, according to the authors of an overview article published online in Nature Geoscience. The authors predict that the amount of deltaic land vulnerable to flooding could rise by 50% if sea-level rise occurs as projected for the twenty-first century.

James Syvitski and colleagues assessed the overall state of 33 major delta systems across the globe from satellite measurements and historical maps. They found that only nine of these deltas were keeping up with sea-level rise, and, of those, four were barely breaking even. They attribute the relative sinking of delta surfaces primarily to human interference ― the sinking deltas were affected by upstream damming and river diversions, which limited the amount of new sediments carried to the delta. At some sites the recovery of oil and gas also led to sediment compaction.

Increasing rates of sea-level rise in response to greenhouse gas emissions will only increase the likelihood that swollen rivers and storm surges will flood these vulnerable areas.

doi: 10.1038/ngeo629

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度