Research press release

行儀のよい地球磁場

Nature Geoscience

Well-behaved geomagnetic field

11億年前に起きた地球磁場の逆転は、最近の地球磁場の振る舞いを説明するものと同じ双極子モデルにより説明できるとの研究成果が、Nature Geoscience(電子版)に報告される。これは、当時は四重極子あるいは八重極子の影響が示唆されるとしたこれまでの研究とは対照的である。

N Swanson-Hysellらは、これまでの研究で用いられた、カナダ盾状地で得られた火山岩を再調査した。火山岩中の小さい磁性粒子は、岩石が地球の表面に噴出したときの地球磁場の方向を記録している。このような記録を詳細に調べて、彼らは逆転が実際に対称的であり、地球磁場は(現在の磁場と同じ)通常の方向から逆の極性に転換したことを意味していることを見いだした。

彼らは、北米から地球磁場を再現したこれまでの結果は、およそ年間21~39 cmの速度で赤道のほうへ大陸が急速に動くことで不明瞭になっていた、と結論付けている。大陸移動はまた磁性粒子の方向に影響を与えており、磁場変動の記録を隠してしまっている。

Reversals in the Earth's geomagnetic field 1.1 billion years ago can be explained by the same two-pole model that explains the more recent behaviour of the Earth's magnetic field, according to a study published online in Nature Geoscience. This is in contrast to previous studies which suggest the influence of four or even eight poles during that time.

Nicholas Swanson-Hysell and colleagues revisited the volcanic rocks from the Canadian shield used in the previous studies. Tiny magnetic grains within the volcanic rocks record the orientation of the geomagnetic field at the time the rocks were erupted onto the Earth's surface. When they looked at these records in detail, they found that the reversals were actually symmetric meaning that the geomagnetic field simply shifted from normal ― like today's field ― to reverse polarity.

They conclude that previous efforts to reconstruct the geomagnetic field from North America were confused by the rapid migration of the continent towards the Equator at rates of approximately 21 to 39 cm per year. The migration of the continent also affected the orientation of the magnetic grains, masking the record of magnetic field variations.

doi: 10.1038/ngeo622

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度