Research press release

沈み込む炭素

Nature Geoscience

Sinking carbon

大気から取り除かれて海洋に蓄積された二酸化炭素の量は、一部は海洋有機炭素吸収源の深さに依存しているとの報告が寄せられている。

植物プランクトンなどの海洋生物は、成長するにつれて海洋表層からCO2を吸収する。死んだときには、植物プランクトンは沈んで有機炭素を深層水へと運び、そこで再びCO2へと鉱化する。

全球海洋生物化学モデルを用いてE Y Kwonらは、有機炭素がCO2へと再鉱化する深さが増加するにつれて、底層水へ注入されるCO2量も増加することを示した。全体としては大気へ逃げていくCO2量が減少するので、大気中のCO2濃度が減少することになる。

再鉱化する深さは、温度、酸素濃度、生物群集の構成など気候に敏感な多くの要因により影響を受けるので、地球が温暖化するにつれて変化する可能性があり、大気中のCO2濃度に重要な結果をもたらすことになる。

The amount of carbon dioxide removed from the atmosphere and stored in the oceans depends, in part, on the depth to which marine organic carbon sinks, according to a study published online in Nature Geoscience.

Marine organisms such as phytoplankton take up CO2 from the surface of the ocean as they grow. When they die, the phytoplankton sink and carry the organic carbon with them to deeper waters, where it is then remineralized back into CO2.

Using a global ocean biogeochemistry model, Eun Young Kwon and colleagues show that as the remineralization depth at which organic carbon is converted back to CO2 increases, the amount of CO2 injected into the bottom waters also increases. The net result is a reduction in the amount of CO2 escaping back to the atmosphere, and a decrease in the concentration of atmospheric CO2.

The remineralization depth is influenced by a host of climate-sensitive factors ― such as temperature, oxygen concentration and community composition ― and could therefore change as the planet warms, with important consequences for atmospheric CO2 concentrations.

doi: 10.1038/ngeo612

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度