Research press release

地下のプレートの跡をたどる

Nature Geoscience

Tracking plates in the subsurface

複雑なテクトニクス的状態にある日本列島中央部では、2つの海洋プレートが重なり合ってマントルへと沈み込んでおり、その結果、流体の放出とマントルの融解および火山活動が生じている。Nature Geoscience(電子版)に発表される研究は、全体の流体収支に対するそれぞれのプレートの相対的寄与を定量化して地下のプレートの配置を明らかにしている。

中村仁美らは、日本列島中央部で得られた年代の若い火山岩を解析し、フィリピン海プレートと太平洋プレートが沈み込むときに放出した流体の化学的徴候を決定した。その結果、それぞれのプレートからの流体の寄与は化学的には明瞭で、プレートが重なっていても、フィリピン海プレートはその下の太平洋プレートからの流体の放出を妨げていないようにみえることがわかった。

データは、プレート由来の流体の化学的徴候から沈み込むプレートの形を理解して、そのような状態での地震活動を明らかに出来ることを示唆している。

In the complex tectonic setting of central Japan, two oceanic plates overlap with each other as they sink into the mantle, resulting in fluid release, mantle melting and volcanism. A study published online this week in Nature Geoscience quantifies the relative contribution of each plate to the overall fluid budget and helps clarify the subsurface configuration of the plates.

Hitomi Nakamura and colleagues analysed young volcanic rocks from central Japan to determine the chemical signature of fluids released by the Philippine Sea and Pacific plates as they dip down. They found that the fluid contributed by each plate is chemically distinct and that even though the plates overlap, the Philippine Sea plate appears not to block fluid released from the underlying Pacific plate.

The data suggest that chemical signatures of plate-derived fluids can be used to understand the geometry of subducting plates and hence the seismicity such settings.

doi: 10.1038/ngeo200

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度