Research press release

速い氷の流れはその床をなじませる

Nature Geoscience

Fast-flowing ice streams mould their beds

氷の速い流れの下にある堆積物は数十年以内に劇的に変化する、とNature Geoscience(電子版)に発表される。この研究は、(大規模氷河線状構造とよばれる)堆積層床にみられる引き延ばされた尾根は氷の速い流れがある場所で特徴的にみられることを結論づけている。

E Kingらは、西南極氷河のラトフォード氷流の下にある、氷と堆積層との境界を示しているレーダーデータを収集した。彼らは、古代の氷床の堆積層底部にみられるものと同じ特徴をもつ堆積層底部の大規模氷河線状構造を発見した。地震学データを用いて、研究者は速く流れる氷の流れの下では堆積層が比較的速く変化すると結論している。(南極を覆っているような)大規模な氷床からの流出は、ほとんどがそのような速い流れの流路を通るものであり、その下の堆積層の性質は氷の流れの速度に影響を及ぼしうる。

付随するBackstoryでE Kingは、データを収集するために南極でキャンプをしたときの体験について書いている。

The sediments beneath fast-flowing ice streams change dynamically within decades, reports a study published online in this week's Nature Geoscience. The work shows conclusively that elongated ridges in the sediment bed ― called mega-scale glacial lineations ― are characteristic of regions of fast ice flow.

Edward King and colleagues collected radar data that reveal the ice-sediment interface beneath Rutford Ice Stream, a glacier in West Antarctica. They identified mega-scale glacial lineations in the sedimentary bed that have identical characteristics to sediment beds of ancient ice sheets. Using seismic data, the researchers conclude that beneath fast-flowing ice streams the sediment bed changes relatively quickly. Most of the discharge from large ice sheets ― such as the one covering Antarctica ― is channeled through such fast-flowing streams, and the properties of the underlying sediments can affect the speed of ice flow.

In an accompanying Backstory, Edward King writes about his experience of camping in Antarctica to collect the data.

doi: 10.1038/ngeo581

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度