Research press release

氷期に増加した南極の水銀沈着量

Nature Geoscience

Enhanced polar mercury deposition during glacial intervals

大気中から南極の氷床表面に沈着した水銀の量は、氷期の最も寒冷な時期のほうが、温暖な時期よりもはるかに多かった、とNature Geoscience(電子版)に発表される研究が示している。このことは、極域が、現在と同様に、大気水銀の重要なシンクの1つだったことを示唆している。

P Gabrielliらは、最新の解析手法を用いて、EPICA(南極における欧州合同氷床コア掘削計画)ドームC氷床コアから得られた氷の水銀濃度を測定した。この解析結果は、過去67万年間をカバーしており、水銀濃度が最も高かったのは、最も寒冷な時期とダストの最も多い時期だった。Gabrielliらは、温度が低いと、ダスト、大気中の海塩粒子と大気水銀の反応が活発化し、水銀が表層雪に運ばれる、とする見方を示している。

Far more atmospheric mercury was deposited on the surface of Antarctic ice during the coldest glacial periods than during warmer times, according to a study online in Nature Geoscience. This suggests that, like today, the polar regions were an important sink for atmospheric mercury.

Paolo Gabrielli and colleagues used state-of-the-art analytical techniques to measure mercury concentrations in ice from the European Project for Ice Coring in Antarctica (EPICA) Dome C ice core. Their reconstruction covered the past 670,000 years, and found that concentrations were highest during the coldest and dustiest intervals. They suggest that the colder temperatures enhanced reactions between dust, airborne sea salts and atmospheric mercury, resulting in the transport of mercury to the snow below.

doi: 10.1038/ngeo549

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度