Research press release

ミシシッピ川の浸水

Nature Geoscience

Mississippi drowning

ミシシッピ川三角州に堆積した堆積物は、地域的な海面上昇に追いつくことができないとNature Geoscience(電子版)に発表された研究が示唆している。研究者は、不均衡のために三角州の水没は不可避であると述べている。

M BlumとH Robertsは、過去12,000年にわたるミシシッピ川三角州の堆積物の堆積速度を調べて、ミシシッピ川がダムの建設が始まる前から、かなり多くの堆積物を運んでいたことを見つけた。彼らは、2100年までに海面が上昇したときにミシシッピ三角州の現存する表面積を維持するためには、180億~240億トンの堆積物が必要となると見積もっている。これは、ミシシッピ川の現在の供給量を超えている。

研究者は、堆積物の供給量が増加しなければ、2100年までには10,000~13,500平方キロメートルの三角州が失われるだろうと示唆している。

Sediments deposited in the Mississippi delta cannot keep up with regional sea-level rise, suggests a study published online in Nature Geoscience. The researchers propose that the imbalance makes the submergence of the delta inevitable.

Michael Blum and Harry Roberts examined rates of sediment deposition in the Mississippi delta over the past 12,000 years and found that the Mississippi carried substantially more sediments before dam building started. They estimated that 18-24 billion tons of sediment would be required by 2100 to sustain the existing surface area of the Mississippi delta as sea levels rise. This exceeds current supply in the Mississippi river.

The researchers suggest that without an increase in sediment load, 10,000 to 13,500 square kilometres of deltaic land will be lost by 2100.

doi: 10.1038/ngeo553

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度