Research press release

将来の森林の変化

Nature Geoscience

Future forest changes

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によると、気候変動が止まったとしても、おそらく生態系は長期にわたって変化し続けるとのことである。この研究は、「危険な気候変動」のレベルを決めるときには、将来にわたる生態系の変化に過去の気候変動を通して関与することを考慮する必要があることを示唆している。

C Jonesらは、気候変動が地球の生態系に与える長期の影響を調査するための気候-植生連結モデルによるシミュレーションを解析した。彼らは、数多くの気候変動シミュレーションを実行したが、それぞれのシミュレーションでは異なった大気中の温室効果ガスレベルで気候を安定化させた。そのシミュレーションによると、気候境界条件を一定に保った後も、何十年にわたり森林の被覆率が大きく変化し続けた。

著者らは、生態系の変化が観測されるまでに熱帯の森林被覆率と高緯度地域の森林拡大が大きく減少することは避けられないと結論している。

Even if climate change is halted, ecosystems will probably continue to change for a long time, according to a study published online this week in Nature Geoscience. The work suggests that our commitment to future changes in ecosystems through past changes in climate needs to be taken into account when determining levels of 'dangerous climate change'.

Chris Jones and colleagues analysed simulations with a coupled climate-vegetation model to investigate long-term effects of climatic changes on terrestrial ecosystems. They ran a number of climate-change simulations but stabilized the climate in each run at a different level of atmospheric greenhouse gases. In their simulations, forest coverage continues to change significantly for decades after the climatic boundary conditions have been held constant.

The authors conclude that substantial reduction in tropical forest coverage and spreading of high-latitude forests could be inevitable before the ecosystem changes are observed.

doi: 10.1038/ngeo555

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度