Research press release

南極の温度と海水面との長期にわたる関連性

Nature Geoscience

Long-term ties between Antarctic temperature and sea level

Nature Geoscience(電子版)に発表される研究によれば、過去52万年間にわたり、海水面と南極の温度は密接に関連しているということである。この報告は、海水面が全球平均温度変化に完全に適応するためには数千年かかることを示唆している。

E Rohlingたちは、過去5回の氷河期にわたり、海洋堆積物記録から再現した全球海水面と氷コアによる南極の温度記録とを比較した。これらの記録から得られた統計的関連性は、(大気中の二酸化炭素レベルが今日と同様ならば)300万年前から350万年前の間には、海水面は現在よりも20~30メートル高かったことを示唆している。この発見は、海水面は大気中の温室効果ガス濃度の上昇に、数千年の時間スケールで強く応答することを意味している。

Sea level and Antarctic temperature have been closely coupled over the past 520,000 years, according to a study online in Nature Geoscience. The report suggests that it takes several millennia for sea levels to adjust fully to changes in global mean temperature.

Eelco Rohling and colleagues compared reconstructions of global sea level from marine sediment records and Antarctic temperature records from ice cores over the past five glacial cycles. The statistical relationship derived from these records suggests that sea levels between 3 and 3.5 million years ago ― when atmospheric carbon dioxide levels were similar to today ― were between 20 and 30 metres higher than at present. The findings imply a strong response of sea levels to rising concentrations of atmospheric greenhouse gases on timescales of several thousand years.

doi: 10.1038/ngeo557

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度