Research press release

極周回風により支配される南洋表層の混合

Nature Geoscience

Southern Ocean surface mixing controlled by circumpolar winds

南極を周回する風の強さの変化は南洋の表層混合層の深さに変化をもたらすと、Nature Geoscience(電子版)に発表される研究が結論している。

混合された海洋表層は、大気と海洋のより深い層との間を連結するうえで重要であり、その深さは生物学的生産性だけでなく、大気-海洋交換、海洋における炭素と熱の蓄積に影響を及ぼし得る。

J-B Salleeらは、温度と塩分測定を解析して南極を周回する風のシステムが強化されると、インド洋東部と太平洋中央部で混合層が深くなる傾向があることを示した。それとは対照的に、これらの海洋の西部地域では、表層混合層は浅くなる傾向がある。Salleeらは、このような非対称性は周回する風のパターンの小さな偏差とその海洋と大気の間の熱流量に及ぼす効果で説明できると示唆している。

関連するNews & ViewsでS Gilleは、次のように述べている「Salleeらは気候変動に対する南洋混合層深度の感度を評価するために重要な直接的調査による情報を与えている」。

Changes in the strength of the winds that circle Antarctica lead to changes in the depth of the mixed surface layer of the Southern Ocean, concludes a study online this week in Nature Geoscience.

The mixed surface ocean is a crucial link between the atmosphere and the deeper layers of the ocean, and its depth can affect air-sea exchange, carbon and heat storage in the ocean, as well as biological productivity.

Jean-Baptiste Sallee and colleagues analysed temperature and salinity measurements to show that an intensification in the wind system that circles around the South Pole leads to deeper mixed layers in the eastern Indian and central Pacific oceans. By contrast, in the western parts of these ocean basins, the surface mixed layer becomes shallower. The researchers suggest that this asymmetry can be explained by small deviations from the circular wind patterns, and their effect on the heat flux between ocean and atmosphere.

In an accompanying News & Views, Sarah Gille says "Sallee and colleagues provide important ground truth for assessing the sensitivity of the depth of the Southern Ocean's mixed layer to climate change."

doi: 10.1038/ngeo812

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度